内田、清水の日常サッカー - 内田篤人の日本代表とシャルケ04サッカーユニフォーム海外通販サイト

いらっしゃいませ!

こちらは人気なサッカー選手ー内田篤人サッカーユニフォーム激安通販サイトです。

主に内田 篤人2018FIFAワールドカップロシアに向けて着用するサッカー日本代表ユニフォームを販売します。

もし、内田篤人のサッカーファンなら、是非内田の最新ユニフォームを着って、彼を応援しましょう!


購入はこちらへ


トップページ

2018人気サッカーチーム

内田選手のエピソード

PDF

内田、清水の日常サッカー

内田 篤人(うちだ あつと)は、静岡県田方郡函南町出身のプロサッカー選手です。ブンデスリーガ2部・1.FCウニオン・ベルリン所属します。ポジションはDF(右サイドバック)。元日本代表。こちらは内田篤人の子どもの頃の話をします。ぜひご覧ください。


静岡県清水市(現・静岡市清水区)。別称”日本のブラジル”。かつては平凡な地方都市に過ぎなかったこの町も、今や「サッカーのまち」として全国区の知名度を誇ります。


競技人口3万人強。単純計算で全人口約25万人の8人に1人がプレーしていることになります。こんな都市は日本全国どこを探しても、清水以外にない。


毎年夏、清水は全国から300近いチーム、約6000人の小学生たちを集めて、全国少年少女草サッカー大会を開催していました。全体で1万人にも及ぶ運営スタッフはすべてボランティアです。中学生は記録を付け、高校生がホイッスルを吹きます。お父さんはグラウンド整備に励み、接待役はお母さんの仕事です。そんなことを、清水は10年以上も続けてきました。


清水の町を歩いていると、都内では考えられない光景に出会います。それは小・中・高のグラウンドをほとんどにナイター照明が付いていると言うことです。ここ清水では少年、少女たちのチームはもちろんのこと、数多くのお父さん、お母さんのチームが存在します。その親御さんたちが夜でもプレーできるようにナイター照明が付けられているのです。


年齢、性別問わず、あらゆる層でリーグ戦が行われています。このような環境だからこそ、清水からは毎年のように優れた選手が生まれてきました。


1998年フランス大会日本代表の名波浩。2002年日韓共催大会の大野伸二。2006年ドイツ大会の川口能活。日本が出場したワールドカップの中心選手はみな、清水の町で鍛えられていました。そして、最近の”傑作”といえば内田篤人ということになります。


しかし、篤人は歴代の日本代表のキーマンたちと少々異なった形で清水の町と関わっていました。


内田篤人気ユニフォーム通販

2013年6月4日に、日本代表がワールドカップで史上二回の勝ち点1を獲得した。内田篤人は日本ナショナルチームの「6」番で、日本に貢献をした。今年25歳の内田選手にとって国に貢献することは非常に光栄なことである。内田選手は日本でとても人気なサッカー選手で、彼の「6」番のサッカーユニフォームも人気商品になる。ユニフォーム通販ショップで、今内田篤人ユニフォーム通販で、品質良いユニフォームを提供する。好きならば、一見に値する。

 

 

シャルケ04ーー「22」番の内田篤人

シャルケ04に所属する。ポジションはDF(右サイドバック)である。2008年8月には北京オリンピックに出場した。2013年に日本のナショナルチームの「6」番として出場した。2013年6月4日、かつて日本代表がワールドカップで史上初の勝ち点1を獲得した日だった。11年前と同じ日、同じ場所で、今回は2018ワールドカップの出場権を初めてホームで獲得した。内田篤人ユニフォーム激安通販!!本サイトの人気ユニフォームをご覧ください!!

 

 

少女のアイドル

内田篤人は日本本州の静岡県でうまれ、日本の新世代の若いサッカーの代表、かっこいい形も彼は少女のアイドルになる。日本のファンは「内田は今後10年間の右サイドバックの優先選手!」と予言した。17歳で日本のU20国家チームに入って、18歳になっJリーグの強豪チーム鹿島の主力になる。20歳になっJリーグベストメンバーの一员になる。そして、明るいくて若い顔でいろいろなテレビ番組の寵児になる。